最近はいろんな電車人間が現れます。

そいつは7月12日朝7時43分京成青砥駅発上野行き通勤特急に乗ってきました。

なにやらアキレス腱に違和感が…
振り向くと男のかかとか我黄金の左足を踏ンヅケトルではありませんか!

払うとよけるの中間ってわかりますか?
相手をかわしつつ、応戦とは思わせない程度の攻撃的かわし

やつは100%気がついたはずなのに、ところがジョージ、ものの数秒で元の木阿弥縲怎S!
またしてもやつは右足のひざを曲げ、かかとを後ろに突きだしているでは。
デカ靴の裏が私のアキレス腱にアミーゴキッス!
加齢臭オッサンのポマード頭に悪意なくても、こいつには明らかな悪意を感じます。

高校生くらいか、でも強そう…

とりあえずここはおとなの威厳にかけても一言言わないといけない。
ただし、口でやっつけても、力でやられないように要注意!
大きいけれど少年風の方をトントン・・・

次の瞬間、毎秒5タッチの猛スピードiフォンを叩いていた指がピタリ・・・
そして、毎秒20cm程度のモォ~~~スピードで首がニュル~~と左に100度回転

くるかくるか~、くるならきてみぃ~・・・なくていいけど、くるクァ~!
「オレの脚蹴ってるよ」やや控えめだけど、言ってやりました。

すると、ムォワァ~~~ンと、最初の軌道を一糸狂わず、
毎秒20cmの低速回転で首を移動させ、所定の位置に戻ったのです。
さらに、毎秒5タッチの残像高速猛スピードでiフォンとの格闘を再開しました。

その間まったくの無言、瞬きもせず表情も変えず

なんじゃあーコイツ!まるでロボット高校生。

昔ロボコンというマンガあったけど、こいつはロボ高か!
仕方がないので、今度は肩を少し強めにポンポンポン・・・

「あのね、人の脚蹴ったらあやまらなっきゃダメだよ」

しか~し、ロボ高のセンサーはオフになったらしくまったく無反応。
相変わらずの高速残像タッチでiフォンと戦い続けるのでした!

あ~、こんな高校生をみると、お先真っ暗です!